東京 上海 中国語 and 京都  3丁目4番地

shengm2.exblog.jp ブログトップ

2008年2月14日-「この先、挫折禁止!」

b0103502_044096.gifb0103502_23481061.gif語学の勉強は坂道を登るようなものですが、時には道に迷って遠回りをしてしまうこともあります。そんな時は焦ってうろうろせず、
やはり元の場所に戻ってやり直すのが結局一番の近道かもしれません。
(そんなわけで次回中検は2級を再受験することにしました。 とほほ…)

                                     「一個結束意味着一個新的開始」

b0103502_23482960.gif◆我到了40岁后半才从头学起中文。日语俗话说‘50岁从头学习’。这句话本来有‘活到老,学到老’的意思。但日常生活中的用法是这样,“哪里哪里,这只不过是50岁从头开始罢了”。意味着‘还不怎么样’,有谦虚谨慎的含蓄。人一般来说,年龄大了就据很长时间积累的经历来判断能力越来越强,反而记性越来越弱。所以学习外语越早越好。

◆男的到了40,50岁,一般公司职员的话,肩负比较重要的工作。责任越大但自己下手工作的机会越少。按照自己的判断来向年轻人下命令就行。谁必要和年轻人一起从头开始呢?说实在的,到了中年从头开始学外语真的是事倍功半喽。果然我学汉语学了近3年我的汉语有头无尾还差得远。无论怎样努力,还是一边学一边忘这样的日子。哪里谈得上进步,连维持现在的水品也好不容易哟~。
b0103502_23553470.jpg
◆但是,不管怎样的理由,开始的事情半途而废还算是惭愧极了。而且呢,到现在为止,我年龄大啦,没有时间拉,总是说这个那个的借口。最近在日本,退休后才开始学中文的人也很多,我知道的70多岁的男人到中国去留学从头学起汉语。何况我这样中年人呢?“借口是进步的敌人”对吧!

◆说实话,我开始学中文不久的2005年1月起到前天为止两年的期间,在我的学中文旅行的路上,我旁边儿一直有陪跑人。陪跑人的意思是,一时老师,一时可商量的人,又一时朋友这样的人。奢华倒是奢华,可在这个陪跑人的保佑下,我能保持自己的步调前进。不过,在不得已的情况下,从今天起我要自己定自己的步调继续学习。越爬越陡峭的上坡上,我要单人旅行。在像爬不尽的这条路上,虽然我的步调窄,但坚持不懈地爬,希望有一天爬到了山顶欣赏到美丽的风景。谢谢(^o^)/
-----------------------------------------------------------------------------------------
                                          「挫折禁止」

b0103502_23572494.jpg◆私は40台後半になって白紙の状態から中国語の勉強を始めました。「50の手習い」などと言います。この言葉は本来、いくつになっても学ぶことは大切である、という意味なのですが、実際日常会話で使うときは「いえいえ、50の手習いですわ。」という風に「低レベル」であることを強調する謙譲の意味で使うことが多いです。人間は一般に年齢が高くなると長年の経験に基づく判断力は向上しますが、逆に新しいものを覚える力は低下します。ですから外国語の勉強は早くから始めるのがよいです。
◆男は40才、50才にもなると会社では責任ある仕事をするようになり、責任はますます重く反面自分で手を下して仕事をするより、若い人に指示してやってもらえばそれで良いという立場にb0103502_015660.jpgなります。なにを今更若者と一緒になって勉強をする必要があるでしょう。中年おやじの外国語勉強はまさに労多くして功少なしです。はたしてかく言う私ももう勉強を始めて3年近くになりますが最初の勢いどこへやら、思ったようにはいきません。がんばっても覚えるしりから忘れる毎日で、進歩するどころか、今の水準を維持するのも四苦八苦の状態です。

◆ただいかなる理由にせよ、いったん始めた事を途中で投げ出すのも悔しいものです。それに今まで年いってるとか、忙しいとか、あれこれ言い訳ばかり言ってたような気もします。最近では退職後に中国語を始める人もいます、知っている人で70代になって語学留学した人もいます。私にできないわけがないでしょう。

◆実は、中国語の勉強を始めて間もない2005年1月から一昨日までまる2年間、私の中国語学習にはペースメーカーのような人がいました。ペースメーカーというのは、ある時は先生、ある時はアドバイザーでありまたある時は単なる友人であるような人です。贅沢といえば贅沢ですが、そういう人が常にいてくれたお陰で、ペースを決めて勉強を続けられました。しかし、事情で、今日からは自分の力で勉強を続けていくことにしました。坂道はますます険しくなりますが、ここからは単独行のつもりです。いつ果てるともしれぬ中国語の山ですが歩幅は狭くとも登り続けることで、いつかは美しい風景が待ち受けていますように。
[PR]
by shengM2 | 2008-02-14 23:46 | 日記
line

みんなが幸せになるために。Angel hearts


by shengM2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite