東京 上海 中国語 and 京都  3丁目4番地

shengm2.exblog.jp ブログトップ

3月11日-「マシュマロテストと後楽園」

b0103502_23254534.gif春が近いですね。2年前の今頃は、東京であちこちうろうろ中国語学校など探しておりました。老舗の日中学院は飯田橋というイメージですが、
実は小石川後楽園のすぐそばなのですね。東京の街を散歩しながら、いろんな発見をした2005年の春でありました。

                         「果汁软糖测试」          
b0103502_2330342.jpg◆大约半世纪前在美国斯坦福大学社会学教室进行了很有意思的测试叫“软糖测试”。假设你是4岁的小孩儿。你在小房子里一个人坐在桌子前。一个叔叔(实验者)进到房子里来,对你说“我有两个果汁软糖,现在把一个软糖放在这个桌子上。剩下的一个我拿出去,我出去一趟后就回来。如果你在我不在的期间里,没吃软糖老老实实地等在这里的话,我回来后会给你我拿出去的软糖。你一共能吃两个软糖。但是如果我出去后,你没等到我回来就把糖吃掉的话,就只能吃到一块(糖)。”对4岁小孩儿来说,这是很严厉的考验。据说,他们4岁的选择与未来的社会地位密切相关。现在进行跟踪调查体现,和没耐心地吃一个软糖的小孩儿比起来,有耐心等待两个软糖的小孩儿长大后社会地位更高的可能性更大。
◆小时候的这种很小的差别长大以后会成为很大的差别。真正是“差4之毫厘,谬以千里”。b0103502_23562038.jpg小至减肥2大至当医生,所有的事情中,为了将来的成果抑制现在的冲动正是成功的源泉。4岁小孩儿中,有的已经学会人生中最重要的这种能力。这些孩子们为了获得将来丰富的结果(两个软糖),能战胜眼前的诱惑(一个软糖)。
◆后乐园是东京的一个地名。因为‘东京体育馆(Tokyo Dome)’的前身叫‘后乐园球场’所以所有的日本人都知道‘后乐园’。后乐园是江户时代在那边住的一个诸侯水户光国建筑的一个庭园。他以清朝亡命来日本的朱舜水写的真迹(文章)命名的。“后乐”是“先天下之忧而忧,后天下之乐而乐”的后乐。以后“先忧后乐”成为整个水户藩的一个信念。多亏这个信念,水户藩发展起来了,到江户时代末期,使它成为国家改革的主力军。
◆每个人有各种各样的人生目的,可是不管能力多么高的人也不能很快获得理想的结果。为了得到自己理想的结果,现在应该放弃什么,应该选择什么是最重要的事情。而且人类总是在自己的人生目标实现后,就有别的目标。所以能在(为了)实现目标的过程中发现乐趣是最重要的才能。
---------------------------------------------------------------------------------
                                  「マシュマロテスト」
◆半世紀ほど前アメリカのスタンフォード大学の社会学教室で「マシュマロテスト」という面白い実験が実施されたそうです。あなたが4才の子供だとします。あなたは小さな部屋の机の前に一人座っています。一人のおじさんが部屋に入ってきて言います。「おじさんは二つマシュマロを持っているよ。一つをこの机の上に置こう。もう一つは持ったまま少しお使いに行ってくるね。おじさんが戻ってくるまで我慢して待っててくれたら、マシュマロをふたつあげる。でも、それまで待てなかったら、ここにあるマシュマロひとつだけだよ。その代わり、今すぐ食べてもいいけどね」。4才の心には、大きな試練です。子供がどちらを選ぶかで、その子の将来の姿まで想像できるらしいです。マシュマロを我慢できずに食べてしまった子供と、すぐ食べてしまわずに2つもらった子供を追跡調査すると、後者のグループの方が社会的な成功を収めていたとのことです。
◆幼い時期に少しだけ顔を出していた特質は、大きくなるにつれ広範な能力となって開花します。衝動をこらえる能力は、ダイエットから、医者になるための勉強にいたるまで、b0103502_2358509.jpgあらゆる努力の基礎となるのです。子供たちの中には、わずか4才ですでにこの能力をマスターしている者もいます。そうした子供達は欲望の充足を先へ延ばすことが利益につながるという状況判断力を持ち、二個のマシュマロという目標を達成するのに必要な忍耐を維持し、目の前の誘惑から意識をそらす能力を持っているのです。
◆後楽園という東京の地名はかつて東京ドームの前身である「後楽園球場」の名で全国的に人口に膾炙していました。後楽園の地名の由来は江戸時代、この地に住んでいた水戸光圀が、この場所に作った庭園の名です。これは、清から亡命してきた明の遺臣朱舜水(しゅしゅんすい)の書で、後楽とは「士はまさに天下の憂に先んじて憂い、天下の楽に後れて楽しむべし」からとったものとのことです。先憂後楽という言葉はその後の水戸藩の藩風になりました。この藩風のお陰で水戸藩はその後発展し、江戸時代末には、国を改革するための大本山のようになっていきます。
◆人生の目的は人それぞれですが、どんなに優れた人でも自分にとって望ましい結果はすぐには得られません。望ましい結果を得るためには、現在何をあきらめる何をすべきか、を選択することがとても大切なことです。そして、人間というのは常に目標を持って生き続けるものです。1つ目的を達成したら必ず次の目標が見えてきます。ですから、目標に向かっていつも苦労する日々を、むしろ楽しむことができるということが一番重要な資質なのかもしれません。
---------------------------------------------------------------------------
b0103502_23251054.jpg

[PR]
by shengm2 | 2007-03-11 23:23 | 独り言
line

みんなが幸せになるために。Angel hearts


by shengM2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite