東京 上海 中国語 and 京都  3丁目4番地

shengm2.exblog.jp ブログトップ

1月3日-「2007年、初詣は伏見稲荷大社です。」

b0103502_2118611.gifb0103502_214522.gif紅白も見たし、除夜の鐘突きもやった。おせち、雑煮を食べて年賀状の返事も書いた。初詣も行ったし、お年玉も配った。年末年始にやることはたいてい同じ。なんでこんなことやらなあかんのやろ、と思った時もありました。確かに考えてみればどれもこれもやってもやらなくても困ることではない。しかし、この時期そういう何の足しにもならないことをできる立場である幸せをかみしめなさい、ということなのでしょう。ん、少しは成長したかな?

                             「新年祈祷 大家都可以一起进步!」

b0103502_2117237.jpg◆今天上午,全家去伏见稻荷神社做新年中的首次参拜。到去年新年为止,我去我家附近的万福寺参拜。今年第一次去了伏见稻荷神社。跟大多数日本人一样,因为我没有固定的信仰,所以不管神道还是佛教,都没有问题!日本人不是信仰虔诚,而是喜欢人山人海。在京都,伏见稻荷神社是一座特别有名的神社。新年时稻荷神社次于明治神宫,成田山,川崎大师的全国第四名受欢迎的寺庙。其实我现在的公司离伏见稻荷神社比较近。走路大概要20分钟左右。但是今天我第一次从正门进入那座神社。我有理由讲“从正门”。其实我从后门进入过伏见稻荷神社院内一次!
◆跟欧美和中国公司不同,日本公司有各种各样的进修制度。特别刚开始工作的时候,为了适应那家公司的风气,大概有很长教育期间。我在现在的公司开始工作时在名古屋工厂也有半年的进修教育期间。去名古屋进修前,在本公司有初期进修的期间,那进修中我们有个节目叫“试验胆量比赛”。
b0103502_21185131.jpg◆那天半夜,一个一个人单独去外面凭很简单的地图找拿来预先山中被隐藏了的东西。我本来是个方向白痴,一去外面就迷失方向,不知不觉中进入了稻荷神社后边的山中。浮现在脑海里,以前有个同事迷路后在路上过夜的故事。幸亏那天我偶然碰到一个同事,然后一起到达了目的地。
◆不少中国人讲中国人以日本公司的进修制度为榜样。不少日本人讲日本公司以能力主义的中国公司的制度为模范。双方都有长处和缺点。优点就可能变成缺点。最重要的是理解世界上有几种跟自己不一样的想法,于是互相尊重,相辅相成。为了互相理解,我们推心置腹地商量。尺有所短,寸有所长,我们如能取长补短,就一定能共同进步。
-------------------------------------------------------------------------------------
                                   「稲荷山、死の彷徨 (>_<)。。。」

b0103502_21214519.gif◆今日は朝から伏見稲荷大社に初詣にでかけました。昨年のお正月までは近所の黄檗山萬福寺にお参りに行ってましたが、初めて稲荷大社に詣でました。大多数の日本人と同じく、あまり信仰心のある方ではないので、神道だろうが仏教だろうがおかまいなしです。日本人は信心深いというより人ごみが好きなだけかもしれませんね。京都の稲荷大社はとても有名な神社です。明治神宮、成田山、川崎大師に次ぐ全国4位の参拝客で賑わいます。実は私の会社は稲荷大社から歩いて20分のところにあります。しかし正門から入るのは初めてです。正門からと断るのには理由があって、実は裏口からなら一度入ったことがあるのです(笑)。
◆欧米や中国の会社と違って、日本の会社には(社員の)研修が多いです。特に入社時には社風に慣らすために長い研修があります。私も新入社員の時、名古屋にある工場で半年もの実習をしました。名古屋に行く前に本社で初期研修がありましたが、そのプログラムの中に「肝だめし」というのもありました。
b0103502_21221639.gif◆その夜、夜中になって一人ずつ簡単な地図を渡され、あらかじめ山の中に隠してある物を探しに行くのです。(自慢じゃないが)方向音痴の私は出かけるや否や道に迷ってしまって気がつけば稲荷大社の裏山です。以前の研修で道に迷ったあげく、外で夜を明かしてしまった人の話が脳裏をよぎりました。幸いなことに、(同じ研修生の)友人とばったり出会い、後は一緒に目的地にたどり着くことができました。
◆日本の教育研修制度を見習うべきだという中国人もいます。また中国やアメリカのように実力主義でなければいけないという日本人もいます。どちらも長所、短所があり、長所と思っていても短所に変わります。大切なことは世界中には自分と違う色々な考え方があるということを知り、その上で互いの考えを尊重しつつ助け合うことではないでしょうか。お互いの理解のためにはよく話し合うことが大切です。同じものでも長所となり短所となります。長所でもって相手の短所を補えば、きっと皆が共に進歩することでしょう。
[PR]
by shengm2 | 2007-01-03 21:06 | 日記
line

みんなが幸せになるために。Angel hearts


by shengM2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite