東京 上海 中国語 and 京都  3丁目4番地

shengm2.exblog.jp ブログトップ

12月29日-「新年会は1週間後です(*_*) 」

b0103502_23522688.gif今日は午前中で仕事納め。明日からお休みに入ります。家庭の主婦の皆さんは何かとお忙しいでしょうが、
私は大掃除などちょろちょろっとやって、あとはお勉強三昧の生活に入るのだ。にゃはは・・・。

                               「始祖的记忆呢?」
b0103502_23562884.jpgb0103502_21474292.gif◆年终联欢会的季节终于结束了!对我来说,今年的年终宴会季节从某所汉语学校的圣诞节会开始了。那天我第一次知道那所学校的学生大概女的,而且大多数年轻人!那个联欢会参加的人也大概是女的。因为我是理科人,所以我从高中2以来,一直在过半数男的环境生活。很多女人面前,总觉特有点儿难为情。虽然一个一个女人很柔弱,但是女人集聚就成为很大的压力。据说日本人的集团团结性很强。一般说,有一样特征的人集聚的时候,人发挥出乎预料的大力气。
◆再说另一件事。虽然这几年我没参加过比赛,但我很喜欢跑长跑。我跑马拉松的目的不是为了打破记录拼命地跑,而是为了享受慢慢地跑完的快乐。我听说过如果自然界所有的动物能参加奥林匹克运动会径赛的话,人类只马拉松获得金质奖章。真假难辨。但是说实话,我觉得在短跑猎豹优势,在中跑马优势。不过我又听说过猎豹,马和其他动物不能跑完马拉松样的长距离。
◆人类的起源,据说是大约一百多万年以前的事。我们是在非洲出现的。然后人类就移住了现在的美索布达米娅附近。从美索布达米娅地方,他们分两路移动,就是北方和南方。据说选择北方路的人类是现在的东方人的直接始祖。但是他们朝北方开始移动后就遭遇了冰河期,结果经历特别的困难。那时人类以毛象为主食。为了捉住毛象,人们组织打猎队后,好几天很有耐心地追赶一匹毛象。几天后,毛象累个不动才能捉住它。
◆所有的动物动物都有自己擅长的技艺。现在很多人喜欢参加市民马拉松跟大家一起慢跑。这也许是因为人们能想起已经忘掉了的始祖的记忆。
------------------------------------------------------------------------------------------
                             「蘇れ先祖の記憶!!」
◆ようやく忘年会シーズンが終わりました。今年の私の年末の集いは某中国語学校のクリスマスパーティで幕を開けました。日頃は気づかなかったのですが、通っているのはほとんど女性でパーティも女性ばかりでした。私は高校2年生から理系クラス、大学では工学部だったので女性が多い環境は不慣れです。一人一人の女性はひ弱でも、大人数になると、大きな圧力ですね。日本人は集団主義とよく言いますが、一般に人間というものは同じ属性をもった人が集まると、予想外に大きな力を発揮します。
◆ところで私は、ここ数年大会には参加していないものの、マラソンが好きです。ただし記録をb0103502_002748.jpg求めて一生懸命走るのではなく、ゆっくり完走できれば良いのです。長い距離を走るのはけっこう楽しいものです。聞いた話ですが、もし人間だけではなく、動物もオリンピックに参加できるとしたら、トラック競技で人間が金メダルを取れるのはマラソンだけだそうです。真偽のほどはわかりません。しかし、確かに100mならチータに負けるでしょうし中距離なら馬には勝てっこないと思います。ところがチーターや馬その他の動物は長い距離を走り続けることはできないらしいですね。
◆人類の起源は100万年以上前のアフリカと言われていますが、アフリカからメソポタミア地方に移動した人類はその後、北と南の二手に分かれたそうです。北周りで移動した人たちが中国人や日本人の直接の祖先と言われていますが、実はこの北回りで移動した人たちはその後氷河期の到来によって、大いなる困難に遭遇します。氷河時代、人類はマンモスを食料にしました。マンモスを捕まえるためには大人数で何日も追いかけ続けたそうです。その後、マンモスが疲れ果てて動けなくなってはじめて捕まえることができたそうです。 
◆動物にも人間にも、それぞれの得意技というのがあります。市民マラソン大会で皆でゆっくり走るのを楽しいと感じる人が多いのは、ひょっとして遠い先祖の記憶が蘇るからかもしれません。多人数の人が根気良く走り続けて目的を達成するのが、人間の最も人間らしいやり方なのかもしれませぬ。
[PR]
by shengm2 | 2006-12-29 23:44 | 独り言
line

みんなが幸せになるために。Angel hearts


by shengM2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite