東京 上海 中国語 and 京都  3丁目4番地

shengm2.exblog.jp ブログトップ

8月20日-「我的暑假」 ~梵天丸~

                    b0103502_6225550.gif「ボクの夏休み」  ぼんてんまる

b0103502_684498.jpg◆私はパンダの梵天丸です。夏休みに旅行したので報告します。間違いあったら直してね。
14日に新幹線で名古屋まで行き、そこから近鉄特急に乗り換えて伊勢にいきました。伊勢市の駅でちゃい子さんが迎えてくれました。ちゃい子さんはボクを伊勢神宮と二見が浦に連れて行ってくれました。二見が浦には夫婦岩があって、昔の日本人の新婚旅行の定番だったそうです。夜は松阪で肉をご馳走になりました。ちゃい子さんは家で二胡で赤福のコマーシャルソングを弾いてくれました。夜少しいなくなりましたがどうやら一人でパチンコに行ったようです。ちゃい子さんはネット上で有名な人で「中国語界の真鍋かをり」と呼ばれている人(呼ばれてません)なので、怖い人かなと思っていましたが、優しい人でした。お土産に赤福をもらいました。

b0103502_693273.jpg◆二日目は再び近鉄特急で大阪南の難波まで行き、こけしさんと待ち合わせました。こけしさんは自転車に子供を乗せて待ってくれていました。子供を自転車の前に、私を後ろに乗せて走ってくれました。まず難波駅の近くの「なんばグランド花月(NGK)」でよしもと新喜劇を見てから、道頓堀かb0103502_6174837.gifら日本橋の上海新天地を経て新世界まで大急ぎで走ってくれました。有名なたこ焼きも食べましたが、観光客はあまり食べない「玉せん」も食べさせてもらいました。大阪に泊まる予定でしたが、北海道のみんみんさんから電話があって「おいで!」というのでその日のうちに伊丹空港から札幌に移動しました。こけしさんは私と子供を自転車に乗せて雨の中、阪神高速と名神を時速100knで激走して伊丹空港まで送ってくれました。

b0103502_612157.jpg◆三日目(16日)の朝、みんみんさんと札幌の時計台の前で会って彼女の家にお邪魔しました。みんみんさんの家には「もか」と「ぽろん」がいましたが寝てばっかりであまり話できませんでした。みんみんさんに水煎包「焼き肉まん」をご馳走になりました。北京の食べ物らしいですが、私の故郷では食べたことがありません。その日はみんみんさんの家に泊まって、夜はみんなでM字開脚ごっこをして遊びました。

◆翌日、いよいよ帰路につきました。みんみんさんは空港まで送りに来てくれる予定でしたが、雪印パーラーの前までくると、急に用事を思い出したらしく、残念ながらそこでさよならしました。みんみんさんはその後急いで雪印パーラーに入っていきました。

b0103502_6253088.gif◆飛行機で帰ったので17日のお昼には無事ぺりおさんのブログに帰ることができました。ぺりおさんにお土産の赤福をあげるととても喜んでカキ氷の上に乗せて食べてくれました。「うわー、宇治金時みたい!」と言っておいしそうに食べてくれましたが、抹茶のように見えたのは実はカビでした。
やっぱり家が一番、でもまた機会があったら旅行してみたいです。

★★★中国語はどうした!ちゅーごくごは!!
-------------------------------------------------------------------------------------------
抹茶といえば。。。
【宇治限定おやじギャク】b0103502_604783.gif
玉男 : 「みどり!おにいちゃん玉露になることにしたしな。」
みどり: 「えーっ!!」
玉男 : 「そうや、今度お天道様の前に出てくんのは、一人前の玉露になってからや。」
みどり: 「さみしいなぁ」
玉男 : 「みどり、おまえはいつまでも明るい日の当たる場所にいて、みんなに好かれる立派な煎茶になるんやぞ」
みどり: 「わかた。おにいちゃんも頑張ってや。どうせ玉露になるんやったら、日本一の玉露うになってや!!」

(註)日本人に好まれる煎茶は太陽を十分に当てた茶園で育てますが、玉露や抹茶は新芽をよしず棚などで覆い、日光を避けて育てます。
   そうするとお茶に旨みが生まれます。
[PR]
by shengm2 | 2006-08-21 06:08 | 日記
line

みんなが幸せになるために。Angel hearts


by shengM2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite